会社電話料 高い


固定電話・携帯へ通話し放題!初期費用0円キャンペーン実施中!




>>おとくライン公式サイトはこちらから<<


従来のNTT西日本、NTT東日本の通信設備を通さないので基本料金がおトクに!

ビジネスシーンにおいて欠かせないツールの一つは電話ではないでしょうか。

 

 

電話一つで億単位のお金が動くことがあります。電話一つで助けられる命があります。

 

 

経済において、「直接会うこと」の次にリアルに相手とやり取りできるツールが電話なのです。

 

 

電話はいくらでも使えばいいのですが、問題は電話代の高さです。

 

 

一昔前まで電話といえば固定電話間のみでした。しかし今はそこに携帯電話へのコールが追加されます。携帯電話への通話料が高いため、経費の中で電話代金がかさむということはよくあることです。

 

 

これまでの電話はNTTの契約がほとんどでした。電話番号取得においてはほぼ100%関わっていたため、NTTへの回線料金は必ずかかっていたのです。

 

 

それが中継会社が生まれ、通話料部分をNTTではない会社と契約できるようになりました。

 

 

これにより、海外の会社や人とよく通話する、携帯へよく電話する、掛けることはほぼなく受けることが多いなどの個別の状況により通話プランを選べるようになったのです。

 

 

さらに、最近それよりもさらに優れたサービスが出てきました。それはソフトバンクが提供する「おとくライン」です。

 

 

おとくラインは法人回線140万件以上を持つサービスです。たくさんの実績がありますが、選ばれている理由は名前の通りお得だからです。

 

 

月額基本料金を見てみると、アナログ回線でも、ISDNでも大幅に安くなっています。また通話料金も安く市内・市外・県外が一律料金で安いのです。

 

 

携帯電話への通話も安く、ソフトバンクの携帯は特にお得感があります。

 

 

これらの通話料金は、ホワイトライン24やホワイトプラント併用することで、さらにコストダウンすることができます。

 

 

おとくラインが他社の電話代金より安くすることができるのは、「NTT回線料金」と「通話料金」が分かれていたこれまでと違い、直収回線となっているためです。

 

NTT一般電話に加入する際に必要な36,000円の電話加入権が不要!

これにより支払いが一本化でき、経費を削減することができるのです。

 

 

それなのに、これまでNTTが提供していた基本サービスはそのまま使えるのです。

 

 

国内はもちろん、海外への通話料金もかなり他社と比べ安くなっています。特にアメリカへの通話料金は他社を寄せ付けない安さです。

 

 

アメリカとの取引が多い会社は、この部分だけでおとくラインを検討できるとと思います。

 

 

仮に経費削減のため、電話の使用を制限されたらどうなるでしょうか。おそらく、売り上げは大きく凹むと思います。

 

 

通話料金を気にすることなく電話ができるからこそ、クライアントと意思の疎通ができます。

 

 

そうすることでミスも減り、会社の信用度も上がっていきます。滞りのない業務はもちろん、会社の売り上げにも関係する電話の使い方について再検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

同時にこの機会に電話の扱い方、挨拶やしゃべり方、内容などを確認することで、今後の業績が大きく変わる可能性があります。

 

 

電話代金の見直しにとどまらない変化も、おとくラインへの変更検討により期待ができそうです。

>>おとくライン公式サイトはこちらから<<